読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2017.4.2

優しさ。

これは難しい。

自分は無駄にとは言えないが、過剰なほどに傷ついているのではないかと思う。

今、なにが問題で不満なのだろう。

まず、主体的に動けていない。

みのまわりにある素敵なものを活かしきれていない。

自分が動いているのではなく、周りに合わせて動いている。

隙間を埋めるために、その時その時だけに用いられている道具のような気がする。

形を変える必要もあるし、目的地にたどり着くまでに長い輸送時間もかかる。

自分で動いているのではなくて動かされている。

投げたものが返ってこない。

人に向かって投げているのに、壁に向かって投げているのに、壁に当たることはなくて向こう側へ、より遠くて行ってしまう。

そしてそれを、自分で拾う力はない。

あるのかもしれないが、そこに力を注ぐ気にはなれない。

それをするかしないかを決めるのも自分ではないから。

なんでも自分で決められることはないだろう。

というのはある程度正しいが、ある程度間違っている。

どちらが怖いだろうか。

全てを自分で決められることと決められないこと。

さあ、自分はどんな人間だろう。

いろんな人がいる。

体力だってそうだし考え方だって。

見てきた世界も異なるし、どのように今という時間や場を過ごしているかはその人にしかわからない。

さて、私はどうだろうか。

いま、なにをすべきだろうか。

昨日考えていて、やはり他にはないものを持っているとは感じた。

一年前と比べて、気力もついた。

現実的な面も考えられるようになった。

時間も少しは味方についた。

そして、自分がなにをやっているかということは、当たり前かもしれないが他人にとってよりは自分にとって最も重要なことなのかもしれない。

自分活き活きしているかどうか。

大切なものは失いたくない、失わない。

それでもやはり、活き活きと生きるというか、やっていく必要はあるのではないだろうか。

また、現実だって変わっていく。

ため息をしている場合ではないとかではなくて、ため息が出る時だってある。

だが、自分の行きたい方に進んで行こう。

今日は晴れている。

一年は非常に長い時だ。

少しでも自分が死んでいる時間が短いように。

貴重な時間を過ごしていくように。

申し訳ないかもしれないが、大切なものには代えるものを持っていない。

ここからどこへ向かうかはわからない。

とは言わないで、自分と、その周りにいる人と一緒に進んで行こう。

よし、決心して、それが変わらないように。

 

2017.4.2

広告を非表示にする