読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どうする

具体的に考えてみる。

失うべきではないものは失わない。

手に入れるべきものは手に入れるという考えではなくて、できるだけそちらに近づいていくように。

そのように生きていくこと。

そして大前提として、わからないことは多い。

コントロールできるとしたら、どんどんしていくこと。

焦る必要はない。

そして、無理をする必要はない。

過大評価をしないように気をつけろ。

それほど重要ではないことに気をもむな。

気軽すぎるほどに進むべき時がある。

今はどんな状態なのか考えてみること。

たっぷりと使ってはいけない。

それは望ましい状況でも望ましくない状況でも。

いつでも、自分の道を振り返ること、そしれその先に道があることを忘れないこと。

今、なにをやりたいか。

まだまだ若い。

いつだって今日が一番若いのだから、若いうちにというよりはわからないことの答えは早く手にしていく必要がある。

でないと、その答えは永遠にわからない。

自分のペースで進めることの範囲を増やしていくこと。

組織や他人とやるのなら、そのスピードを速めていくこと。

決して遅くなるためにやるな。

それを肝に命じろ。

攻撃的になる必要はない。

ただ、よくない方向に力が働いている時は早くそれに気づくこと。

そしてそれを修正すること。

それが軸ならば、もっとよくなる方法があるはずだ。

今もこうして書いていて気づくが、もっと試すべきことが私にはある。

また、ここで少しいや、たくさんの迷惑をかけることにはなるが。

よし、決意して進んで行こう。

決意は大きなものではなくて、日頃からの小さな積み重ねだ。

久しぶりに前を向いて進んでいくことができる。

少なくともトライしたといえるだろうか。

確かにそれは今の自分にとっては重要な言葉だ。

今日も一つトライしてみよう。

いつ、転機が来るかはわからない。

嵐を予測できないように。

なにを求めているのか書こうと思っていたら、考え方を書くことになってしまった。

どうだろう。

また、一年前と同じことをしようとしている。

その中でわかったことはなんだろう。

これからまた、たくさんの失望も待っているだろう。

それは期待に向かっていくからだろう。

その期待にどれほど近づいていくことができるだろうか。

自分の想像には間違いというかおかしいところもあるかもしれない。

だが、それすらもやってみないとわからなかったり、自分で合わせていくことかもしれない。

まずは自分が自分を鼓舞していくことだろう。

 

 

2017.4.1

広告を非表示にする