読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

持っているもの

さて、貴重な時間だ。

この時間で本質に迫るように。

なにを持っているかを見直すこと。

失っているもの、手に入らないものではなくて。

自分の周りになにがあるか、その中には自分にしか持ち得ないものも幾つかは含まれているだろう。

それは何か。

このふかふかの布団かもしれない。

素敵な音楽を聴いて美しいと思えること。

この部屋にあるものの、いったいどれほどが重要なものだろうか。

どのような経緯をたどってここに来たのだろうか。

何かのきっかけや必要があってこの部屋にたどり着いたのだろう。

ある時はあるものを使うし、必要としている。

だが、長い間放置しているものも少なくない。

そして、この部屋の外にも自分が持っているものはある。

つながりを感じるものも存在する。

それは血のつながりかもしれないし、信頼と言われるようなものでもあるかもしれない。

全く会ったことがない人やものからも影響を受けることは多い。

そう考えてみると持っているものは多い。

しかし、それを活かせているかと問われるとそうでもない。

持ち物が多ければ多いほど、基本的にはそれぞれを用いることができる割合は減っていくのではないだろうか。

さて、新たな道に進んでいかなければならない。

今もこうして新しい文章が生まれるように何かを生み出していく必要がある。

なにを持っているか。

一番強いものは家族の信頼かもしれない。

今ここに暮らせていること。

悩んだ時に話してくれること。

全力で支えてくれていること。

それが何よりも恵まれているもので、自分が持ち得る最高のものかもしれない。

感謝しよう、いや、している。

それをどうにか最大限に活かせたら良いのかもしれない。

お金もある、時間もある、意志もある。

そうか、健康もあるだろう。

健康ではなくなったとしてもやることはなんだろうか、やりたくなることは。

今しかできないことは?それは振り返ってみないとわからないのかもしれない。

もっとよくなるのではという想像力も持ち合わせている。

生かせるものはたくさんある。

どんな道を歩いていくか、決めていくべきだ。

そしてそれを支えてくれる人はいる。

自分で道を進んでいけばいくほど出会いは増えていくのではないだろうか。

やっぱり、自分には合っていないと感じるようなこともある。

で、どうしていきたいか。

持っているものはたくさんあったが、ここに素直に書き出すことはできなかった。

だが、確実にたくさんのものを持っている。

この環境、現実全てが贈り物だ。

 

 

 

2017.3.31

広告を非表示にする