読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Catch Up

ついにこの日が来た。

やっと、最低限というとこまで追いついた。

ここに来るまではたくさんの時間が流れた。

遅れをとり、その遅れがやっとなくなってきた。

またこのようになる時期も来るかもしれないが、できるだけ避けよう。

そうならないような自信もどこかしらある。

今回のような遅れをとったのは久しぶりだ。

しかし、これは重要なことだ。

諦めずについてくることができてよかったとは強く思わない。

特に誇らしくもない。

だが、これが非常に重要だということは自分でもわかるし、進んでそのように認識していきたいと思う。

クリスマスの頃に、こうしてまた文章を書くようになった。

書いている量としてはそれほど多くない。

1日に1000文字分。

一週間、一ヶ月で考えていくとそれほど長くはない。

文章をその場で考えながら打ち込んでいく。

もしくは、打ち込みながら考えている。

毎回感じるのだが、この文字数は読み手としては非常に少ないが、書き手としては短すぎるわけではない。

時間としては書くのに10分ほど。

読むのはもう、ほんの時間もかからないほどだ。

頭の中を垂れ流しているだけかもしれない。

しかし、時には素晴らしい表現が生まれる。

もちろん、自分がそのように感じるという意味であり、他人のことはわからないのだが。

クリスマスの頃は、もっともっと余裕がなかったのだろう。

あの頃は非常に苦しかった記憶がある。

ストレスが溜まっていた。

自分で、自分だけではコントロールできないことがあまりに多かった。

と言っては陳腐だが、コントロールできないと思っていることは間違いなく多かったし、実際にほとんどできずにいた日々が多く、落ち込まざるをえなかったようにも思う。

それともう一つ、どこまでも心が燃え尽きていた。

とてもとても長い時間を無為に過ごしてしまっていた。

どこにもエネルギーがなくて時間だけがその隣を音もなく足早に流れていった。

もちろん帰ってくることはかった。

そんな中でも、記憶はないものの、自分も書き続けていたのだろう。

それはそれは、とても良いことであった、とこれからもいえるであろう。

どれだけの宝が生まれたのだろうか。

それは、これからの自分の人生の中に出てくる。

それを見逃さないように。

素敵な出会いが、またこれからたくさんある。

その目をどうか、自分で無理に摘まないようにしてほしい。

世界がどんな風に回ろうとも、希望を持てるのはあなたなのだから。

だから、これは是非、続けてほしい。

 

 

2017.3.28

広告を非表示にする