3月3日

その話は、そんなに時間がかからないで終わるべきだ。

何時間も話をする。

気づいたら四時間も経っていた。

お互いが、微妙に気を使っている。

微妙なやり方で、相手のことを、自分のことを大切にしている。

その気の使い方がどこか、自分にはなれないものだった。

 

もし、話を続けて良いと言われたら、自分はどこまでも話すことができただろう。

そして、私は話したいことがたくさんあった。

旅のこと、読んだ本のこと、映画のこと。

最近の出来事に関して。

なんでも話すことができた。

自分としては、最近、人に知って欲しいと思うことがたくさんあった。

自分で話していても楽しいと感じるし、聞いてる人を楽しませることができると思える内容をたくさん持っていた。

自分だけでなく、相手も満足するだろうという確信のようなものがあった。

 

だが、この人たちは話すときに気を使っている。

簡単な言葉を選ぶようにしている。

そうでないと、そこに参加している全ての人が話についていけないと思っているのだろうか。

その暗黙のルールに従って話が進むので、いつまでたってもそのスピードは上がらない。

笑って、食事をして、飲んで、ゆっくりゆっくりとしか進んでいかない。

それにもどかしさを感じていることは明らかだ。

だが、それすら楽しんでいるように見える。

 

こんなに遅くていいのか、とは私は気になってしまう。

よ時間もその場にいたが、話したことをまとめると35分ほどに収まるのではないかと思う。

いや、確実にそれほどの時間で収まる。

もっともっと、たくさんんおことを面白おかしく話すことができるはずだ。

変に気を使わずに、お互いが積極的に話すことができれば知的好奇心も満たされるであろうし、学びや気づきをたくさん得ることができるだろう。

自分のためだけでなく、相手のためになることが、そこには山ほどあるはずだ。

 

いつまでも気を使っていては、何も進んでいかない。

ゆっくりまったりとするときもある。

何年も付き合っていて進歩がないというのは実にもったいない。

もっと、できることをしていくべきではないのか。

みな、良いものを持っているわけだし、自慢し合うような人が集まっているわけではない。

今度会う時は、もっと良い話ができるように。

もっと、時間を大切にして、良い意味で気を使い会えるように、

そんなことを痛烈に感じら1日だった。

まとめてしまうとなんとも味気ないものだった。

そんな風にはなりたくない。

言いたいことを言い合うべきだ。

 

2017.3.3

広告を非表示にする