Day

1日が早い。

間に合っていない。

今日はそんなことばかり感じる。

 

一年前には、自分は何をしていただろうか。

そんなことを振り返る時間があった。

一週間前ですら何をしていたか定かではないが。

考えていたことも、前のように記載されていないことも多くなった。

この一年で大きく何かが変わったのだろうか。

 

一つ驚いたことは、一年前にものすごく、嫌なことをしていたということ。

誰かに対してではなくて、自分がとても苦痛に感じることに参加していたということ。

積極的ではなかったが、なかなか耐え難い経験だった。

そんな事実はほとんど忘れていた。

 

自分のエネルギー源を考えてみることは非常に重要だ。

何のために動くことができるだろうか。

もしくは振り返ってみて、何のためだったと感じられるだろうか。

いま、それはうまくいっているだろうか。

 

自分にははっきりと嫌なことがある。

そして、求めていないもの、求めたくないものがある。

そんなものに、一年前はたくさん出会っていたのだろう。

充実している部分もあった。

毎日の時間の流れは今よりもっとずっと贅沢だった。

早くその頃のように戻りたいと思う。

目の前にたっぷりと時間があって、すべての構成を自分が考えていた。

外の芽をもっと気にしないで、深くに潜り込んで見ればよかった気もする。

 

今になってやはり思うのは、干渉のしすぎは良くないということだ。

必要な時にいてくれること、それが最も大切である。

誰かがいる、支えてくれる、何かを起こしてくれると信じられていけば、進んでいくことができる。

十分な状態なのに過剰に声をかけたり、他人に影響を与えようとするのは、間違っていることが多い。

悪影響というか、迷惑になってしまうことがある。

だが、それを認識していない人が多い。

そうならないように気をつける必要がある。

進んでいくものを妨げる必要はない。

羽を伸ばそうとしているなら、遠くからそっと見守ること。

 

なぜ、そんなことをするのだろう。

真剣にそう思うことがどれほどあるだろうか。

もっと問うてみるとよいかもしれない。

 

何のために、何を感じて、何を感じたくて。

そういうものがあるから人は動いていくのではないか。

一年経てば、確実に今の自分が想像できない場所にいる。

いいことも悪いこともくぐり抜けているだろう。

だが、欲しいもの、いらないもの、これは自分の物事ではないということは、自分以上にわかる人が決していないものだ。

だから、そこには自信を持って、道を踏みしめていけ。

 

2017.2.25

広告を非表示にする