読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

毎日

今日と明日。

明日になったらがんばろう。

明日できるだろう。

明日は今から見れば明日だが、明日になってみれば今日になる。

つまりは今日の積み重ね。

本当は先というか、今を生き続けることしかできない。

だから、これからやろうと思い続けていてはずっとできないことになってしまうかもしれない。

できることを、できる時に。

明日は来ないかもしれない。

そんなことは誰も知らないのだけど。

少しでも、少しだけでも今日のうちに進んでいくこと。

そのいい差な積み重ねでしか、どこかに向かっていくことはできない。

或る日突然、大きな変化が生まれるわけではなくて、或る日突然、大きな変化のきっかけに出会うこと時は会うだろう。

外からの変化に対応できるかは、日々の積み重ねによる。

だが、焦るだけが良いことでもないのは明らかだ。

例えば、疲れをとったり体調を良くするためにはたっぷり寝ることも必要だ。

睡眠をまとめてとることは難しい。

まとめて睡眠時間を確保したとしてもそれが健康につながるとは言い難い。

毎日しっかりと、十分なだけ寝る時間を確保し続けることが重要なのだ。

一気に進むことはできないのかもしれない。

日々の、限られた時間の中で着実に一歩ずつ、少しづつでも進んでいくことが自分の中での大きな一歩になっていくのだろう。

それを感じることができるのか、それを信じることができるのか。

毎日は続いていて、終わりが来るまできっと続いていくのだろう。

誰が止めてくれるわけでもない。

 

もし今日が本当に最後の日なら。

それはそれでとても悲しいことではあるが、笑顔が増えるのではないか。

感謝も増えるだろう。

大切な人に対して、伝えるべきことがあるだろう。

もう、その人と今後二度と会うことがないと知ったら、どんな別れ方をするだろうか。

最も伝えるべきことはなんだろう。

相手をののしることか。

それほどに誰かを憎んで生き続け絵tきた人もいるかもしれない。

けど、私はそうではない。

笑顔で別れたいと思うような人としか付き合っていないのかもしれない。

もっと美しい空を見上げるだろう。

最後の日が曇りだとしてもそこに美しさを見出すことができるだろうか。

まだ、感謝を十分にできていないと感じている自分がいるのだろう。

もっと、笑顔になって、美しい景色を見ておくべきだと考える自分がいるのだろう。

それを今日やっていけばいい。

ほんの少しだけど、できることを毎日やっていく。

実際はそれしかできないし、毎日が最後なのだ。

 

2017.2.20

広告を非表示にする