正しい場所

正しい場所は自分で見つけないといけない。

自分でコントロールできることとできないこと。

それを見極めること。

正しい場所は自分で決めなければならない。

そこを他人に任せたりしてしまうと気づいた時に大変なことになる。

 

まずは、目を覚ます。

そこからどう行動していくか。

もう少し寝たいと思って寝る。

どんな風に過ごしたってしっかりと時間は流れていってくれる。

あなたが寝ている世界と起きている世界は、他人にとってはそれほど変わらない。

しかし、あなたにとっては非常に起きな意味を持つ。

そこで何かが進むのか、戻っていくのか。

そこは、あなたしかコントロールすることができない。

起きて机へと向かう。

 

机に向かい姿勢を整えても眠気が襲ってきて寝てしまうかもしれない。

 

自分の正しいと思える場所に身を置くこと。

そして、ここは自分のいる場所ではないと思った場所から離れること。

この二つは生きていく上で常に大切なことだ。

自分だけでできることと、他人と協力しなければできないこと。

あとどれくらい、一人だけで過ごす時間が人生のうちにあるのだろうか。

想像してみてほしい。

予想してみてほしい。

そんな将来はほとんど現実にならないと思うが、少し考えてみる。

 

何かが起きて、大切な人をうしなてしまうかもしれない。

大切な人が、想像もできなかったくらいに増えていくのかもしれない。

 

もう、一人っきりになれる、なることはなくなってしまう人生。

ずっと一人っきりで、話す人もいなければ話すこともなくなってしまうような人生。

なんだってありえる。

そんなことは普段考えないけれども。

 

今、自分一人で考え事をする時間が足りないと思っている人。

考え事をするために、自宅ではなくてカフェに行くという人。

自分の考えを整理したいから、一人っきりで本当に静かな空間に行く人はどれほどいるだろうか。

常に、周りに人がいないと、人は弱くなってしまう生き物だろうか。

 

過去のことを思い出して、あの場所にいたことは正しかったかと問うのはそれほど有意義ではないかもしれない。

それを判断するのは今だし、判断の仕方は変えられる。

その頃が今に繋がっていて、その今の自分しか判断することができない。

 

今、自分は正しい場所にいるのだろうか。

正しくない場所にいると感じるとしたら。

そんなことを毎日考えていたら気が遠くなってしまうかもしれない。

しかし、それを考えずに歩き続けた結果、信じられないほど大変になることもある。

 

2017.2.11

広告を非表示にする