読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

現状

これも単純に、時間を消費しているだけなのだろうか。

そうであることは間違いない。

考えても仕方ないのかもしれないが、この行為に意味があるのかなんて思ってしまう。

そんなことすら考えられなくなると、もっと悲しいことになるのかもしれないが。

朝、すっと目がさめる。

緊張や悲しみは少ない。

これから何かをやらなくてはいけないという義務感もそれほど強くはない。

何かをしたくないという気持ちも強くない。

だから、今日は起きることができた。

起きられない日も多い。

いろんなことが溜まっていく。

その日できなかったことは、いつかやらなければいけない。

自分がそう決めたなら。

それはなんなのだろう。

エネルギーを、どのように扱っているのだろうか。

先にやることで、楽しみを消費してしまう。

後にやることがある状態にすることで、進めるのかもしれない。

もったいないという気持ち、自分がよくわからなくなってくる。

やるべきことは、終わらせるべきことは。

とにかくやりきることが大切なのだろうか。

起きた時は気分が良かったのだが、目が覚めて、いろんなことを悩みだすと頭が痛くなってくる。

考えれば考えるほど、不安も増えてくる。

どうして、喜びや期待、楽しさは増えてこないのだろうか。

そんなことはない、しっかりとそこに楽しさもあるはずだ。

だが、そこに目がいかない。

少なくとも目が行く気がしない。

そんなことを考えつつ、感じつつ、朝のこの時間を迎えている。

なんども迎えているこの時間。

生まれてから何回めだろうか。

昨日も、街を歩いてたくさんの風景を見た。

自分を笑顔にさせてくれる幾つかの風景があった。

子供の笑顔、優しさ。

たくさん話をした。

心が寂しくてしょうがなかった。

自分のこと、目の前のことにしっかりと目が向けられない。

目を向けないといけないことはわかっている気がするのだが、できない。

なぜだろう。

心と体が、前に進んでいかない。

自分が空っぽになったような気分になる。

それはとても苦しい。

何かを出そうと思って体を絞ってみるのに、何も出てこない。

なんとなくの苦しさが残る。

吐き出したいのに吐き出すことのできないもどかしさ。

安心がやってこない。

待っているだけではいけないのかもしれない。

あとどれくらい、この状況に耐えられるだろうか。

いつしか、参ってしまうのかもしれない。

どんなことも乗り越えてきた。

だから、今回のこともいつか先になれば、笑えるのかもしれない。

 

 

2017.2.2

広告を非表示にする