読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

明日

どうして明日が、楽しくなるのだろうか。

週末が近づくと、陽気になる人々。

なぜ、期待が生まれるのか。

楽しく感じられるのだろうか。

同じように、週末が終わるときは悲しさを覚えることもある。

楽しく感じるのに、努力なんて必要だろうか。

自分で楽しもうと積極的に準備したり、気合を入れたり、お金や時間を費や酢必要があるのだろうか。

なんとなく楽しみで仕方ない。

そちらの方が自然なのだろう。

しかし、思うに、楽しく感じる、期待を持つ頃には理由がある。

本人が上手く言葉にできていなかったり、本当に気づいていない場合もあるが。

何かから解放されることに幸せを感じているのかもしれないし、その週末に行うことが楽しみで仕方ないのかもしれない。

何が、楽しいだろうか。

何が自分を突き動かしていくのだろう。

そして、何が自分をそれから遠ざけているのだろうか。

本を読むこと、人と会って話をすること、お金を稼ぐこと、絵を見ること、寝ること。

人それぞれ、全く異なる幸せや悲しみ。

なぜ、何に、自分は動かされているのだろうか。

それは、時期や経験によって常に変化していくものだろう。

その時、その時のものに反応し続けることがベストかもしれない。

それが、長期的には何かに悪影響を及ぼすことだってある。

それでも、明日について考えることをやめないでいいのではないか?

 

2017.1.4

広告を非表示にする