読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

恐怖

動かなければ、立ち向かわなければその恐怖は消えない。

そんな種類の怖さも存在するだろう。

しかし実際、量や質はさておき、その恐怖の対象、問題は複雑ではないことが多い。

ただ、やればいいことをやっていなかったり、何度も避けてきた結果、複雑な感情が芽生えてしまっているだけということもある。

喜び、悲しみ、苦労、体力。

あらゆる要素がある。

恐怖は自然と大きくなることは多いが、自然と小さくなることは少ないようだ。

ただ、やればいいだけ。

しかし、それが難しい。

紙に書いて、時間を決めて、誰かに相談して。

様々な解決法がある、というか、きっかけが重要なのかもしれない。

本当は、自分と向き合うことが、問題と向き合うことより難しいのかもしれない。

つまりは、それが問題であり恐怖なのかもしれない。

時々、人生で何度か、いや、何度も恐怖に潰されそうになる時がある。

けど、ほどんどを乗り越えてきたはず。

中途半端に乗り越えてしっぺ返しを食らったことはあるかもしれないが、その場は乗り越えられたはずだ。

だからじゃないけど、今回も乗り越えられる。

自分は変わりたいが、変わりたくない自分もいる。

ただ、恐怖は自分から何かをしない限り無くならないようだ。

 

 

 

2017.1.3

広告を非表示にする