読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ある人の後悔

昨年の悔やみは、日々のつながりを弱くしてしまったことだ。

24時間を1つの区切りとして、これまで生きてきた。

そのうちに、やるべきことをしっかりと行って、次の太陽を迎えていた。

そのような生活を、少なくとも四年は続けてきた。

しかしこの3、4ヶ月、それができなくなってしまった。

やらなかったというよりは、できなかった。

体も心も、同じかもしれないがうまく機能しなかった。

少なくとも、これまでと同じようには機能してくれなかった。

1週間、1ヶ月という単位で動くようになった。

それだから遅続けられているものもあるが、追いつくのが精一杯で、全く先に進むことはできなかった。

今は、とりあえず必死に追いつくことで何とかなっているし、続いたことに感謝しているが、同時に後悔もしている。

これまでできたから、これからもできる。

そんなに単純な話ではない。

やりたいという意思があるし、いつからでも再開できる。

良いところを生かし続ける。

自分が納得するように続けていく。

自信にしてしまおう。

意味のないことが多いかもしれないが、その中でいかに意味を見出していくか。

行動自体に意味があることも多いし、何より自分が信じられるものがあるということが重要なのかもしれない。

だから今日も、今は、必死に追いつこうとしている。

 

2016.12.29

広告を非表示にする